Company Information 事例紹介(一覧)

ウッドデッキ、造作工事

ウッドデッキ、造作工事
  • ウッドデッキ、造作工事
  • ウッドデッキ、造作工事
  • ウッドデッキ、造作工事
  • ウッドデッキ、造作工事
  • ウッドデッキ、造作工事
  • ウッドデッキ、造作工事
  • ウッドデッキ、造作工事
  • ウッドデッキ、造作工事
工事内容

ウッドデッキ

造作工事

住所

東京都八王子市めじろ台

S様邸

施工期間

5日間

御施主様から、「中庭にありますウッドデッキが腐食している為、解体して 新たに作って欲しい。」という御要望を承りました。

10年以上前に、近所のホームセンターで資材を購入して、御家族の皆様で 組み立てられた思い出の詰まったウッドデッキです。

写真の通り、大部分が腐食しておりました。

エクステリアに適した比較的、品質低下や劣化の生じ難い耐候性に優れた木材を使用する事で、

長期的に考えますとランニングコストを抑えられます。

デッキ材(床材)の荷重を受ける大引きを造作致しました。

住宅の土台や大引きに用いられる、流通前に予め加圧注入を施した木材です。

木材深部まで薬剤を浸透させている為、保存処理能力が高く同時に、木材自体の防腐防蟻性能も向上させております。

 

使用樹種:米栂 ACQ処理材(加圧注入済)

本体寸法:90mm × 90mm(=3寸角)

使用するデッキ材(床材)は、全て常に真っ直ぐとは限りませんので、微調整を施しながら加工する必要があります。

特に木材の特性と致しまして、乾燥時期は木表側に反る傾向がありますので、取付前に状態を確認しなければなりません。

室内との段差が生じない様、デッキ材の高さを窓の下端に合わせました。

膝への負担を考慮致しますと極力、段差が少ないに越した事はありません。

ウッドデッキから庭先への上り下りの為、踏板を設けました。

横幅がありますので、植木鉢を並べるスペースも十分に確保出来ます。

デッキ材(床材)に関しましては、サザンイエローパインという針葉樹を使用しております。

この“サザンイエローパイン”にも加圧注入により防腐防蟻剤ACQを深部まで浸透させておりますので、

耐久性は大幅に向上しております。

 

使用樹種:サザンイエローパイン Southern yellow pine

本体寸法:35mm × 135mm(2×6)

原産地:アメリカ南部 保存処理 防腐防蟻剤ACQ(加圧注入済)

工事番号:No,20180114

工事開始前の計画では、ウッドデッキの完成後、木部保護塗料を塗布する予定でしたが、

御施主様には“サザンイエローパイン”の現状色(無塗装)を大変、気に入って頂きました。