Company Information 事例紹介(一覧)

キッチンカウンター、造作工事

キッチンカウンター、造作工事
  • キッチンカウンター、造作工事
  • キッチンカウンター、造作工事
  • キッチンカウンター、造作工事
  • キッチンカウンター、造作工事
  • キッチンカウンター、造作工事
  • キッチンカウンター、造作工事
  • キッチンカウンター、造作工事
  • キッチンカウンター、造作工事
工事内容

キッチンカウンター

造作工事

住所

東京都武蔵村山市中原

Y様邸

施工期間

4日間

キッチンカウンター、造作工事前の状態です。 数件のショールームを巡り、Y様の描いているイメージを把握するまでが 大変でした。

「大工さんのセンスでお願いします・・・」というのは、最もプレッシャーを感じる回答でした。

下地材は、主に杉材(30mm×105mm)そして、歪み防止とビスの引抜強度を保持する為、

構造用ラワン合板(T12mm)を使用致しました。

壁材はリビングとの統一感を図る為、クロスで仕上げました。

アクセントを付ける為、異なる壁材にするか迷いましたが、全体イメージを 落ち着いた雰囲気に仕上げました。

 

メーカー:(株)サンゲツ

品番:Reserve 1000(2012~2014)RE-3228

お好みに応じて、棚板の高さを自由に変更できる様に棚柱(ステンレス製)を取付致しました。

付属の棚受が、15mmピッチにて高さ変更できますのでレイアウトの幅も 拡がります。

造作致しましたキッチンカウンター表面に、水性クリア塗装を施しました。

御生活をされる上で触れる頻度が高い木部ですので、撥水性と防汚性を高める必要がありました。

システムキッチンの対面には、使い勝手を考え「キッチンカウンター」を 設けました。

御料理をされる際、利便性の向上と負担を軽減する効果があります。

 

カウンター寸法:W2,615mm × D415mm × T30mm

カウンター材質:赤松集成材

幅木の上端と底板を、面一に致しました。

正確には、幅木の上端に底板の下端を1.0~1.5mm、当てて納めました。

「キッチンカウンター、造作工事」が完了致しました。

Y様にも大変、御好評を頂きまして頭を悩ませた甲斐がありました。